『やずや発芽十六雑穀』のこだわりとは?

手軽に何時ものご飯(お米)に混ぜて炊くだけで、栄養バランスが整えられると高い評判を得ている雑穀ご飯!

しかし、メーカーによって色々な特長がある様です。

こちらでは、『やずやの発芽十六雑穀』について紹介させて頂きますね。

この商品はその名の通り、16種類の穀物(玉蜀黍・稗・モチ粟・モチ黍・モチ玄米・モチ麦・モチ赤米・モチ黒米・はと麦・押し麦・ハダカ麦・青玄米・大豆・青はだ大豆・小豆・黒豆)が1袋の中に入った商品です。

その穀物の中でも、苦り水に浸して12種類の穀物は発芽させています。

苦り水に浸し発芽させる事で、アラニン(うまみ成分)やγ-アミノ酪酸《ギャバ》(芽が出るときに高まる成分)が多くなる事で、癖やニオイのある雑穀特有の物を発芽する事によって抑える為、格段に味が良く変わります。

その他にも細かい工夫がされていて、ふっくらとモチモチした仕上がりが楽しめる様に穀物にもち質を加えたり、炊き上がりにムラが無い様に硬い穀物(大豆やはと麦等)は、加工する上で引き割りにして加えたりしています。

当たり前ですが、使用されている穀物にも、品質そのものの拘りもあります。

言うまでもありませんが、穀物は国内産である事が大前提です。

完全無農薬を目指し、全国有数の雑穀産地でもある岩手県花巻地方の雑穀を主に使用しています。

こちらの地方の生産者は、雑草の生え難い土作りをする為に、畑を何度も耕したり、もしも雑草が生えてしまった場合には、手で1本1本抜いたりという、手間を惜しまず育てています。

その為、信頼出来る生産者の穀物を『発芽十六雑穀』の雑穀は、岩手県産を中心に選んでいるのです。

炊き上がりの食感や歯応えをプチプチ、もちもち・・・そして甘み等もほんのりとしている美味しさは勿論なのですが、他の工夫として彩りもあります。

炊き上がった湖畔に彩を添える様に、黒米・赤米・小豆・大豆・青はだという穀物で食欲を一層そそりますよ!

是非、1度試してみて下さいね。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. 電子レンジで簡単調理!『やずやの発芽十六雑穀 ふっくら一膳炊き』
    雑穀御飯の良さが、最近では見直されてきていますね? 普段食べている白米に色々な穀物を混ぜて炊くだけで、その雑穀がそれぞれ持っている栄養素が少しずつ色々とプラスされますので、簡単でしかも栄養面でも白米だ...
  2. 『やずや発芽十六雑穀』の購入方法とは?
    この『やずや発芽十六雑穀』には、2つのサイズ(タイプ)がありますので、紹介させて頂きます。 【レギュラーサイズ】 25g小袋が15袋入の物を1袋注文した場合の価格は、1944円(小袋1袋当たり126円...
  3. 『やずや発芽十六雑穀』のこだわりとは?
    手軽に何時ものご飯(お米)に混ぜて炊くだけで、栄養バランスが整えられると高い評判を得ている雑穀ご飯! しかし、メーカーによって色々な特長がある様です。 こちらでは、『やずやの発芽十六雑穀』について紹介...
  4. ご飯(お米)に混ぜて「やずやの発芽十六雑穀」で栄養バランスを整えましょう!
    雑穀ご飯が、最近人気の様ですね。 お米に色々な種類の穀物を混ぜて炊いた物が雑穀ご飯というのですが、この雑穀・・・。 1口に言っても、色々な種類があるのを知っていますか? イネ科の植物でもある、稗(ひえ...